遊びで子育て

🥕【育脳ボードゲームBest10〜1,000~3,000円程度】遊び・育脳・コスパの3拍子

こんにちは〜とと丸です!

今日はボードゲームについて記事にしました。

みなさんボードゲームといえば、何を思い浮かべますか❓ちなみに私はオセロです。

後の記事でも紹介しているのですが、オセロの進化版が売っていて驚きました。しかもこういったゲームをすることで、子供にいろんな良いことが起こるそうです。

個人的には、何をいってもまずは『親御さんとの関わりのツール』となった時点で子供にとっては価値の高いものになるんじゃないかなと思っています。

誕生日、クリスマスや入学祝い、何かプレゼント、ビデオゲームも良いかもしれませんが、こういうじっくり顔を向かい合わせる時間を作ってくれる。しかも育脳としての側面ももつツールって良いなと思って記事を作成しました。

それでは読んでみてください。

とと丸が考えるボードゲームの良さ

とと丸
  1. 家族で対面で遊ぶ時間が作れる。ゲームを挟むのでコミュニケーションに困らない。
  2. 楽しみながらお子様やご自身の非認知能力を刺激できる
  3. 子供が大人に勝てるから子供も楽しめる
  4. 「使ったらお片付け」を教えられる。

今回、検証のために自身が購入した・もしくは遊んだことのあるボードゲームをランキング形式で紹介します。ランキングの基準は以下の通りです。

  • 実際に遊んでみて、子供が楽しめると思ったか
  • お子様の脳の発達に良い刺激を得られるか
  • 4、5歳でもすぐに遊べるか
  • 価格(本記事作成時点で¥1,000〜3,000程度の物)

買ってよかったほぼ¥3,000ボードゲームランキング

ブロックス

1位 ブロックス
created by Rinker
¥2,145 (2024/07/24 09:16:32時点 楽天市場調べ-詳細)
テトリスのブロックの様なピースを使います
配置ルール同じ色は角のみをつなげる等)に従って、手持ちのピースを1個ずつ置いていきます。 これ以上誰もブロックを置けない状態になったらゲーム終了。 最後に「手元に残ったブロック数が少ない人の勝ち」です。 すごく簡単なルールなので、子供からおじいちゃん・おばあちゃんまですぐに遊べます。
ちなみに、6人用など派生商品も豊富な事も魅力の1つです
ポイント詳細
育脳ポイント💡想像の中でピースを回転・反転させる力が育ちます。
「知覚推理」といって、シミュレーションする力には欠かせません
算数の図形問題では図形を分けたり、回転させたりする力が重要です👍
対戦人数👦  2〜4人
プレイ時間⏰ 10〜15分
推奨年齢と実際🎂7歳〜(5歳でも十分に遊べました)
価格💰¥2,310

マンカラ・カラハ

2位 マンカラ・カラハ
マンカラの遊び方はとてもシンプルで、子供でもすぐに覚えることができます。 準備するアイテムは、ビー玉などの石と、石を入れていく穴が6個×2列並んだボードだけ。 石を入れる穴が並んだボードの上で、自分の陣地の穴から石を早く無くした人が勝ちとなります。
4歳の娘でも楽しめます
保育園にも置いてもらっているからか、遊び慣れていて、大人相手にも善戦したり、勝ったりします
ポイント詳細
育脳ポイント💡石やポケットの数を数えて作戦を立てる(あといくつで6になるか等)
対戦人数👦  2人
プレイ時間⏰ 5〜15分
推奨年齢と実際🎂8歳〜(5歳でも十分に遊べました)
価格💰¥2,420

アルゴ

3位 アルゴ
アルゴは算数オリンピック委員会や数学者が作った白・黒2種類の、0〜11までのカードを使います。「自分の手札」「相手がコールした数」などから相手の持ち札を推理するゲームです。誰でもすぐにプレーでき、プレーするうちにゲームの面白さと奥深さに 驚くことでしょう。遊べば遊ぶほど集中力・記憶力・分析力が身につき、論理的思考能力が向上します。 子どもから大人まで脳のトレーニングに役立つ、まさに「頭のよくなるゲーム」それがアルゴです。
ポイント詳細
育脳ポイント💡特に相手の手札を推理する論理的思考力・粘り強さUPを期待できます。複数の事を並行して考えるため前頭葉活性化
対戦人数👦  2〜4人
プレイ時間⏰ 5〜15分
推奨年齢と実際🎂6歳〜(5歳でも十分に遊べました)
価格💰¥1,870

ゴブレットゴブラーズ

4位 ゴブレットゴブラーズ
ゴブレットゴブラーズ Gobblet Gobblers 日本語版 (ボードゲーム カードゲーム ホビー)
本質的ではないかもしれませんが、紹介している中で、断トツにプレイ時間が短いです。なので忙しいお家ほどオススメです。
ルールはシンプル。 3×3マスの「◯×ゲーム」で、タテ・ヨコ・ナナメの直線上に3つ自分のコマを並べたら勝ち。 ポイントは、大中小2つずつ、計6個のコマを使うこと。より大きなコマを被せることで、自分の陣地にできるんです。シンプルだからこそ遊びやすく、戦略性も高いことから何度も遊びたくなります。 また準備が簡単でプレイ時間が短いことも魅力の1つ。
ポイント詳細
育脳ポイント💡特に集中力UPを期待できます。
3目並べなので、ルールは単純ですが、自分のコマをどこに置いたのか
覚えたり、先を考えたりと集中力が鍛えられます。
対戦人数👦  2人
プレイ時間⏰ 3〜5分
推奨年齢と実際🎂5歳〜(4歳でも十分に遊べました)
価格💰¥2,750
5位 3D立体オセロ
オセロといえば、将棋や囲碁に比べて単純。親しみやすい印象がありませんか。2022年の東京おもちゃショーに、そのオセロの立体版が登場しました。通常のオセロではあり得ない、予想できないところからの攻撃が来たり、逆転が出来たりします。立体盤は自由に置き換えられるので様々な配置で楽しめます。平面版ですが、4人用も販売しているそうです。
ポイント詳細
育脳ポイント💡物事をタテ・ヨコ・ナナメと視点を切り替えて捉える力が刺激されます。
また、ものごとを立体的に捉える力を育てるのにも役立ちます。
対戦人数👦  2人
プレイ時間⏰ 10〜15分
推奨年齢と実際🎂6歳頃〜(4歳でも十分に遊べました。調べられませんでした💦)
価格💰¥3,300(税込)

どうぶつしょうぎ

6位 どうぶつしょうぎ
3×4マスの盤と、8枚の駒で遊ぶミニ将棋です。かわいい動物のコマには、動ける方向に赤い印がついていて、こどもにもわかりやすいルールで、将棋の基礎を楽しく学ぶことができます。シンプルながら奥が深く、こどもの集中力や思考力を養うには、最適の知育玩具です。
ポイント詳細
育脳ポイント💡特に論理的思考力UPを期待できます
3×4の12マスで、ルートは単純ですが、
展開の先が短い分、年齢の低いお子さんでも2、3手先まで考えやすい
と、実感しました。
対戦人数👦  2人
プレイ時間⏰ 3〜5分
推奨年齢と実際🎂4歳〜(4歳でも十分に遊べました)
価格💰¥2,200

くろくまくんのかずあそび・すごろくえほん

7位 くろくまくんのかずあそび・すごろくえほん
コマは4つ。6面のすごろく絵本です。
「1枚」「1個」「1本」などの単位を学べたり、10まで、120まで数と各面がしっかりと学びにつながります。因みに、学習指導要領という小学校の授業マニュアルの様なものによると、1年生では120までの数を習うそうです。流石公文。要所をしっかりと押さえていて凄いです。
親子、きょうだい、友だち同士でコミュニケーションしながら遊ぶことで、数字の読みかた、数かぞえ、数の並びなどに親しみ、基本的な数の感覚をはぐくむことができます。


ページが左右に広がって大きく遊べるすごろくも、3つ収録しています!
ポイント詳細
育脳ポイント💡1・2・3・4…と数を数える力
あといくつで10(ゴール)という考え方の土台作りができる
(1と9、2と8の様な10になる数の考え方は、小学校算数でも重要です)
対戦人数👦  2〜4人
プレイ時間⏰ 5〜15分
推奨年齢と実際🎂3歳〜
価格💰¥1,760(税込)

バランスタワー すみっコぐらし

8位 バランスタワー すみっコぐらし
可愛いすみっコぐらしがバランスタワーになりました。そ〜っとそ〜っと、タワーを積み重ねる遊びもきっと楽しいです。たまにドミノ倒しにして遊んでいます。
①プレイする順番を決める。
②カード又はサイコロを使ってキャラクターを選択。
③選択されたキャラクターのブロックをタワーが崩れないように下の段からとってタワーの上に積み上げる。タワーを最初に崩したプレイヤーの負け!
ポイント詳細
育脳ポイント💡指先を使うことで、前頭前野(記憶や学習を司る)、
運動野(運動の命令を出す)等が刺激されます。
対戦人数👦  2〜4人
プレイ時間⏰ 5〜15分
推奨年齢と実際🎂5歳〜(4歳でも十分に遊べました)
価格💰¥2,430

立体四目並べ

ポイント詳細
育脳ポイント💡特に空間認識力、集中力等に良い影響があります。
立体を想像して、その中で視点を切り替えることがコツなので、
遊ぶほど鍛えられます。
対戦人数👦  2人
プレイ時間⏰ 5〜10分
推奨年齢と実際🎂6歳〜(4歳だとさすがに難しかったみたいです💦5歳だとできました)
価格💰¥1,430

くもん出版 NEWスタディ将棋

10位 くもん出版 NEWスタディ将棋
【9/4 20:00〜スーパーセール開始9/11 1:59まで】くもん出版 NEWスタディ将棋
コマに描かれた矢印で、動かし方が分かります。何の仕込みもなく、娘が5歳の時にやらせてみると、動かすだけなら1日でできたのを覚えています。将棋盤が半分に折り畳めるので収納も便利です。
ポイント詳細
育脳ポイント💡思考力(AするとBになる等シミュレーション力)
集中力、記憶力に良い影響があります。
対戦人数👦  2人
プレイ時間⏰ 10〜15分
推奨年齢と実際🎂5歳〜(4歳で何とか遊べました)
価格💰¥2,680

どれを買うか迷ったらまずはコレ

迷ったらこんなことを考えてみてください😀

  • 幼稚園・保育園にあるかどうか❓(慣れた物を買う)
  • まずは親御さん同士が楽しめそうか❓(楽しむ姿を見せる)

その上で、とりあえず興味や年齢の幅が広く、手軽に楽しめるものとして、私はゴブレットゴブラーズをお勧めします。

迷ったらまずはこれ⇨ゴブレットゴブラーズ
ゴブレットゴブラーズ Gobblet Gobblers 日本語版 (ボードゲーム カードゲーム ホビー)
迷ったらこれ!①3×3の⭕️❌ゲームで簡単 ②1ゲームのプレイ時間が短い ③シミュレーション力にも良い刺激が得られる

非認知能力って何

テストでは測定できない個人の特性による能力。学力(認知能力)と対照して用いられる。学術研究によって、非認知能力の高さが学歴や雇用、収入に影響することが明らかになっていることから、幼児教育の分野で注目を集めている。非認知能力は、学力のように1人で身につけられるものとは異なり、集団での行動の中での困難や失敗、挫折などの経験を通して養われるものが多い。

意欲、協調性、粘り強さ、忍耐力、計画性、自制心、コミュニケーション能力

非認知能力の詳細については、こちらの記事をご覧ください。概要をまとめました🔽

対象年齢(推奨年齢)について

対象年齢(推奨年齢)は、以下のような観点から考えられるそうです

  1. 国語的側面・・・ルールの理解、かけ引き(推察、だます、説明する等)
  2. 算数的側面・・・数える、計算する(+、ー、×、÷等)
  3. 道徳的側面・・・道徳面での善し悪しの判断(お金をとる・とられる、だます、ライフポイントゼロ=死等、)
  4. 安全的側面・・・ケガ、誤飲等
  5. 操作的側面・・・持つ、めくる、当てはめる等

ですので、不足、未発達の部分をカバーすれば表示された年齢以下のお子さんでも、保護者の方の安全管理と自己責任のもと楽しく遊べます

実際に、私の娘はマンカラ・カラハというボードゲームで遊んでいます。対象年齢は8歳ですが、4歳からできました。恐らくゲームで扱うガラス玉の誤飲を防ぐ等の理由からだと思います

お子さんの興味に応じて、先述の5点に注意して楽しく遊べたら良いなと思います

まとめ

最後までお読みくださり、ありがとうございます

今回はランキング形式で紹介しましたが、結局はお子さんが楽しめる物が1番だと思います

そこでお子様が楽しめるようになるコツを簡単にではありますが書かせていただきます

  • 親御さんが一緒に遊んで楽しそうな姿を見せる
  • お子さんの年齢や発達段階に応じてルールを簡単にする
  • 「考えてるね〜♪」「おっ!さっきより強くなった👀」など、頑張る姿に注目している言葉をかける

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA